アウトドアの趣味2☆【温泉】泉質&効能を知って効果的にデトックス【ひとクセ度★★★★/おしゃれ度★★】

温泉top 趣味
記事内に広告が含まれています。

温泉めぐりは、ドライブや旅行を伴う非インドアでありながら、のんびりデトックスできてしまう、インドア派でも楽しめる貴重な趣味です。

ただ浸かるだけでももちろん気持ちが良いですが、せっかくなら効能を知っていると違った観点からの楽しみも増えますよ。

温泉選びのポイントをおさえて、効果的にデトックスしましょう。

ひとクセ度★★★★
おしゃれ度★★
温泉の趣味のいち推しポイント
  • 癒される
  • 効能にまで詳しい人は貴重
  • 全国各地にある
  • 日本の文化を楽しめる

趣味にはやっぱり、癒し効果がなくっちゃね!!

スポンサーリンク

温泉とは

特定の化学部質を含有している、地中から湧き出たとき摂氏25度以上の温水のこと。

スポンサーリンク

日帰り温泉の費用

日帰り入浴:300円〜10,000円
足湯:無料〜

費用については施設によってまちまちですが、日帰りなら数百円〜数千円あれば楽しめます。

足湯は多くが無料。足湯の他にサービスがついた有料の施設もあります。

スポンサーリンク

温泉施設利用に必要なもの

必要なもの

移動手段近郊ならがあると便利。
最寄り駅から送迎バスがある温泉施設も多いので、公共交通機関を利用する場合は、事前に要確認。
着替えお風呂のあと、下着など取り替えたい場合。
・洗顔石鹸
・クレンジング
肌に合うものを持っていきましょう。
温泉施設によってはカウンターでおすすめ品を売っていることも。
スキンケア用品肌に合うものを持っていきましょう。
温泉施設によってはカウンターでおすすめ品を売っていることも。

持って行った方が良いもの

基本は温泉施設でレンタルや無料で使えるけれど、気になる方は以下も。

・シャンプー
・トリートメント
・ボディソープ
大抵は洗い場に無料で使えるものが置いてある。
こだわりがある場合は持っていきましょう。
・バスタオル
・ハンドタオル
有料でレンタルできる施設が多い。要確認
温泉施設のタオルはきれいにクリーニングはされていても新品ではないので、自分専用タオルが良い方は持っていきましょう。
ドライヤーと一緒に消毒されたものが用意されていることが多い。
自分専用の櫛が良い場合は持っていきましょう。

スポンサーリンク

温泉の泉質と効能

特に効能があるとされる温泉(療養泉)の泉質は、含まれている成分の種類と量によって10種類に分類されています。

どの泉質でも疲労回復効果あり

 泉質特徴効能
1単純温泉無色透明
匂いなし
自律神経不安定症、不眠症、うつ症状
2塩化物泉塩分多め
保温・循環効果
冷え性、切り傷、末梢循環障害、うつ状態、皮膚乾燥症
3炭酸水素塩泉つるつる触感
角質軟化作用
美肌冷え性、切り傷、末梢循環障害、皮膚乾燥症
4硫酸塩泉無色透明
苦い
美肌冷え性、切り傷、末梢循環障害、うつ状態、皮膚乾燥症
5二酸化炭素泉炭酸・血行促進
保温・循環効果
冷え性、切り傷、末梢循環障害、自律神経不安定症
6含鉄泉赤茶色
(源泉は無色)
鉄欠乏性貧血
7酸性泉殺菌効果アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、表皮化膿症、糖尿病、
8含よう素泉茶褐色浴用ではなし
9硫黄泉保温効果
殺菌効果・金属腐食
美肌アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、表皮化膿症
10放射能泉ラジウム泉(微量のラドン・トロン含有)痛風、関節リウマチ、強直性脊椎炎

参考サイト:環境省ホームページ 温泉の保護と利用 関連資料

スポンサーリンク

温泉のお湯のため方の違い

湧き出る源泉の温度や量、含まれる部質によって、浴槽への温泉のため方にも違いがあります。

温泉施設でも掲示されていますし、インターネットでも表示されているので、選ぶ時の参考に。

源泉掛け流し

湧き出た源泉をそのまま流して利用している

加水・加温・循環ろ過式

  • 加水:源泉の温度が高い、酸性が強いなどの理由で水(お湯・雪・氷)を足している
  • 加温:温泉の温度を一定に保つためなどの理由で加温している
  • 循環・ろ過:浴槽で使用された温泉を循環・ろ過し再び浴槽で利用している
スポンサーリンク

日帰りで温泉に入れる場所

日帰り温泉施設は日本各地にあります。

最近ではスーパー銭湯でもお湯が温泉のところもありますので、お近くの施設を探してみてください。

じゃらんで各地の日帰り温泉をみてみる
スポンサーリンク

温泉ソムリエになる

せっかく温泉を趣味にするなら、知識を極めたい!という方は、温泉ソムリエ協会主催の温泉ソムリエという資格があり、セミナーに参加すれば認定を受けることができます。

セミナーで使用するテキストの一部がホームページで公開されているので、のぞいてみるだけでもちょっと勉強になりますよ。

気になる方は↓

温泉ソムリエ協会ホームページ


……話のネタとしても面白そう

スポンサーリンク

温泉は他の趣味と一緒に楽しめる!

温泉は、アウトドアの帰りにちょこっと寄ったり、温泉を目的にドライブする、温泉の近くにある美味しいものも一緒に巡るなど、他の趣味との合わせ技で楽しめる趣味です。

インドア派でもアウトドア派でも、どこかに出かけるときの予定に温泉も追加してみると、手軽に特別感のある時間をプラスできますよ〜

では、素敵なお風呂ライフを!

タイトルとURLをコピーしました